全文表示RSS


link
vpn_key
format_list_numbered Limit:10

ハイパーリンク

デフォルトでは、コンテンツ内のリンクは保持されます。 リンクを削除するか、脚注に含める場合は、このフィールドを変更します。

保持
フッターの脚注に含める
削除

取得に失敗した場合の動作

抽出に失敗した場合は、フィードからアイテムを削除したり、アイテムを保持したりすることができます。アイテムを保持すると、フィードに見つかったタイトル、URL、オリジナルの説明(存在する場合)を保持し、抽出が失敗したことを伝えるメッセージを挿入します。

フィードに残す
削除する
  • その他の設定

    サイトパターン

    自動抽出でサイトの正しいコンテンツブロックを見つけられなかった場合、または追加の微調整が必要な場合(たとえば、コンテンツブロック内の不要な要素を削除する場合、含まれていない画像を含める場合、複数ページに別れた記事で次のページのリンクを指定する場合など)にサイトパターンを設定できます。使い方はこちらのページ(英語)を参照してください。XPathの記述については、fivefiltersのツールを使うと簡単です。

    Parser

    デフォルトのパーサーは高速なlibxmlです。 HTML5-PHPはPHPに実装されたHTML5パーサーです。 libxmlよりは遅くなりますが、多くの場合より良い結果が得られます。

    libxml
    html5php

    タイトルの設定

    デフォルトでは、入力URLがフィードの場合、生成されたフィードのアイテムのタイトルは変更されません。全文表示RSSで抽出したタイトルに置き換えたい場合は、この設定を有効にしてください。サイトパターンでタイトルを指定した場合は、そのタイトルが使用されます。

    有効にする

    記事URLの設定

    フィードを抽出すると、元のフィードのURLとは異なるURLになることがあります。これは多くの場合、URL短縮サービスまたはトラッキングサービスがフィード発行元によって使用されていることが原因です。このオプションを有効にするとコンテンツを取得するために到達した最終的なURLをdc:identifierフィールドに含め、元記事のURLに設定します。サイトパターンでsingle_page_linkを設定している場合は、そのURLが使用されます。

    有効にする

    フィードから画像を削除する

    この設定を有効にすると、画像と関連する要素(img、figure、figcaption)は出力から削除されます。

    有効にする

    高度なオプション

    Include excerpt
    JSON output
    Debug